Please reload

当院では睡眠時無呼吸症候群の検査と治療を積極的に行なっております。睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病、脳卒中のみならず認知症の発症にも関わっていると言われております。当院の独自データでも無呼吸と認知機能低下に有意な関連が見られました。気になる方は医師にご相談下さい。

かかりつけ医として地域の方の人生の最終段階をいかに支えるか、勉強会を行いました。本人、家族の人生の物語をお聞きし、地域との連携を行い、その人らしい人生を送れるように。

当院では睡眠外来を開設しています。睡眠時無呼吸症候群や不眠症は脳卒中、認知症と関連があることが、近年注目されています。睡眠に不安がある方は、脳の健康を保つため、医師に相談ください。

脳梗塞の再発と睡眠障害の関連を示す研究も発表されています。

https://www.ahajournals.org/doi/10.1161/STROKEAHA.118.023807?platform=hootsuite 

定例モーニングセミナーを開催しました。今回はクラークからオンライン診療について、DASC, Zarit8などの認知症のアセスメントについて、頭痛問診のポイントについて説明してもらいました。オンライン診療は今年始まった制度ですが。運用にはまだまだ課題が多く、PDCAサイクルを回していくことが必要となります。利便性は高く、今後少しずつ広がりを見せるものと考えられます。またDASC, Zarit8など多...

先日TRAPE INC.鎌田氏/山崎氏が当院を訪問され、通所型短期集中モデル(寝屋川市)についての報告及び将来展望について講演してくださいました。当院のスタッフも5ヶ月間実働部隊として最前線で奮闘し、大きな学びを得ての帰還となりました。テーマは『リ・エイブルメント』(再自立)。本人の『真の』想いを引き出し、本人とともに残存能力を発見し、課題を可能性に変えること。そのためのアセスメント/マネジメント...

BRAINLABの術中ナビゲーションシステムを導入しました。これまでのものよりセッティングが非常に簡単です。術中のロケーションを正確にさし示すことにより、より安全で確実な頭蓋内手術、脊椎脊髄手術を可能にします。

新人ナースによるモーニングセミナーを開催しました。術前術後のアセスメントについて学びました。全身合併症を防ぐためには術前アセスメントに基づいた予防的リハなどが重要です。術後も先手のケアと積極的リハが肝となります。チーム一丸となり治療成績を上げて行く決意です。

定例のモーニングセミナー 脳波について。検査部より発表してもらいました。高齢者にもてんかんが増えています。認知症などとのオーバーラップもあり、より正確に病態を把握するために必要な検査です。まずはてんかんを疑い検査を行う事が大切が、アーチファクトも多く検査の施行や判読には経験が必要とされますね。

定例勉強会を行いました。当院で現在積極的に取り組みを始めた末梢神経の外科。手根管症候群、肘部管症候群、上殿皮神経障害、中臀筋症候群、足根管症候群など手足のしびれや痛みを引き起こす病気について理解を深めました。手足のしびれがある方は、治らないものと諦めずに脳、脊椎、末梢神経の検査を受けることをおすすめいたします。

当院で採用している神経伝導検査の機械です。

ティーアンドティーメディカル製 ニューロキャッ...

『これからの有床診療所に求められる地域での役割』TRAPE 鎌田大啓氏による特別セミナーを開催しました。(https://trape.jp/vision/)

約3年前からお付き合いさせていただいている鎌田さん。作業療法士から日本のヘルスケアを元気にするため起業。現在は日本中を飛び回りリハ介護に関するコンサルテーションを受けたり、大阪寝屋川市で短期集中リハビリの効果に関する実証実験をマネジメントされた...

Please reload

​​診察日時

 午前  9:00 - 12:30

 午後 14:00 - 18:00

 木曜・金曜は午前のみ

   休診:第1・3土曜日

    日曜・祝日

​ 外来予約はこちら

 脳ドックはこちら

​ 特定健診はこちら

​診療科目

 脳神経外科

 神経内科

​ リハビリテーション科

​介護事業

医療法人 社団

石坂脳神経外科

〒857-1162  長崎県佐世保市卸本町 30-42

TEL 0956-34-0606

FAX 0956-34-0644

​© Ishizaka Neurosurgical Clinic. All rights reserved.