• kayamazaki1214

定例モーニングセミナー かかりつけ医の認知症診療


平成30年1月16日 全員参加!定例モーニングセミナーはかかりつけ医の認知症診療、コウノメソッドを踏まえた私見と題して副院長が行いました。急増する認知症患者さんとどう向き合うか。すべての患者さんに高額医療機器で診断できるわけではない中、臨床診断のコツ、薬のさじ加減の考え方について学びました。記憶障害の程度のみにフォーカスせずに、周辺症状の陰陽をY軸、運動機能をX軸、意識障害の程度をZ軸に見立て、それぞれの薬剤がどのような方向に状態を変化させやすいかを、視覚的に捉えることで、複雑な認知症診療をシンプルに捉えらやすくなります。レビー小体病は中でも、コントロールが難しく、薬剤に過敏に反応します。軽度の意識障害が被っており、薬剤により覚醒度を上げることで、格段に状態が良くなることがあります。非常に興味深い病態です。


147回の閲覧

最新記事

すべて表示

睡眠時無呼吸と認知症

当院では睡眠時無呼吸症候群の検査と治療を積極的に行なっております。睡眠時無呼吸症候群は高血圧や糖尿病、脳卒中のみならず認知症の発症にも関わっていると言われております。当院の独自データでも無呼吸と認知機能低下に有意な関連が見られました。気になる方は医師にご相談下さい。

医療法人 社団

石坂脳神経外科

〒857-1162  長崎県佐世保市卸本町 30-42

TEL 0956-34-0606

FAX 0956-34-0644

​© Ishizaka Neurosurgical Clinic. All rights reserved.