2008年 年末の夕方


空に浮かぶ雲に何かしら哀愁を感じて撮りました。いつかは、人間は土に帰るか、それとも“千の風にのって”大空を駆け巡るか? 残された時間をどう生きようか?