2011年クリスマスのイルミネーション


いよいよ師走。司馬遼太郎の“坂の上の雲”に描かれる日露戦争の旅順攻撃をみた。先人の犠牲のお陰で、今日の日本の平和がある。先人の血と汗を今の自分の姿に投影すると、自分が何とも情けなくなる。しかし、現実を見据えて、明日に向かって歩き続けることが大事なことだと、病院の庭に飾られているクリスマスのイルミネーションを見ながら思っている自分がいる。